MENU

ALT・GPTを下げるにはどんな食事療法がおすすめ?

 

ALT・GPTの数値が高いと言われた場合
どうすればよいのでしょう。

 

どうすれば、ALT・GPTの数値が低くなるの?

 

実は、ALT・GPTの数値を低くする効果がある
食べ物があるのです。

 

そして、今回は
ALT・GPTの数値を下げてくれる効果のある
食べ物をご紹介してきたいと思います。

 

 

●ALT・GPTの数値を低くするために

 

ALT・GPTの数値を低くするために
大切なことがあります。

 

・飲酒の量を少なくする
・肥満の方は、運動、ダイエットを行う
・脂っこいもの、カロリーが高すぎるものは控える
・なるべく週3回以上は、適度な運動をする

 

これらのことを行うと、肝臓だけでなく
健康的な身体を保つことができます。

 

 

●肝臓によい成分

 

まずは、生活習慣を改善し
少しずつですが健康な身体にしていくことが大切です。

 

そして、食生活では肝臓によい食べ物を食べるように心がけ、
肝機能の働きを助けてあげましょう。

 

「肝臓によい成分」
タウリン、ウコン、オルニチン、アスタキサンチン、
アルギニン、レシチン、セサミン、ローヤルゼリー、
サポニン

 

●タウリンの成分がたくさん含まれている食べ物、効果

 

「タウリンの成分をたくさん含んだ食べ物」
しじみ、牡蠣、ウコン、ごま、レバー

 

 

「これらの食べ物の効果とは??」

 

▼しじみ
しじみは、アルニチンと呼ばれる成分が豊富に含まれています。
このアルニチンは、二日酔いの原因となってしまう
アセトアルデヒドを解毒してくれる働きがあります。
それだけでなく、アルコールを分解する働きも助けてくれます。

 

▼牡蠣
牡蠣に多く含まれているのがタウリンです。
このタウリンは、細胞などをもとの状態に戻していく
サポートをしてくれる働きがあります。
それに加え、
胆汁酸の分泌量を増加させ、肝臓に蓄積されてしまった
中性脂肪、コレステロールを分解してくれる働きがあります。
肝機能を元の状態へ戻す働きをしてくれる効果があります。

 

▼ウコン
ウコンには、クルクミンが豊富に含まれています。
クルクミンは、肝臓の解読機能をより高めてくれる効果があります。
また、胆汁の分泌をサポートしてくれ、
糖などの分解を高めてくれる働きをします。

 

▼ごま
ごまには、セサミンが豊富に含まれています。
セサミンは、肝臓に直接運ばれ
肝機能を高め、アルコールの分解、酸素の働きなどを
サポートしてくれる効果があります。

 

関連ページ

酒・アルコールの影響まとめ
GPT/ALTなどに直接的に影響がある酒・アルコールについて、成分単位で解説を行っているページです。