MENU

ALT・GPTは酒やアルコールを止めると下がるの?

 

ALT・GPTの数値がどんどん上がってしまう原因として
飲酒が深く関わってきます。

 

今回は、なぜ飲酒がALT・GPTの数値に深く関わってくるのかを
ご紹介していきます。

 

●過剰に飲酒してしまうとALT・GPTの数値が上がる

 

日頃から飲酒の量が多い方に要注意なのが
アルコール性肝障害です。
とくに、年末年始などの飲酒の量がいつもより
多くなってしまう時期が危険です。
皆さんご存知の通り、飲酒は肝臓に大きな負担がかかりますよね。
これにより、肝臓が弱ってしまい
ALT・GPTの数値があがってしまうのです。
そして、肝臓にどんどんストレスがかかってしまうことにより
急に発症してしまうこともありえます。

 

 

●飲酒との関係
飲酒しても、
肝臓の働きにより水、二酸化炭素などに分解されることで、
体の外へ排出されますよね。
ですが、過剰に飲酒してしまうことにより
肝臓に大きな負担を負わせることになります。
肝臓も、大量のアルコールをすぐに分解することはできません。

 

そして、肝臓はすぐれた再生機能を持っていますが
飲酒などによりダメージを抱えすぎた肝臓は元には戻らなくなってしまいます。
すると、
必然的に肝機能が低下してしまい
代謝、分解などが追いつかなくなってしまいます。
これにより、中性脂肪が肝臓に溜まっていくことになるのです。
これが、
初期のアルコール性肝障害「アルコール性脂肪肝」なのです。
この時点でALT・GPTの数値は高くなっています。
ですが、気づかずに放置してしまうことにより
肝臓に慢性の炎症が起こり始め「アルコール性肝炎」
へと進行してしまいます。
さらに、放置していくことに加え
過剰に飲酒してしまうことで
「アルコール性肝硬変」といわれる危険な状態になってしまいます。

 

●沈黙の臓器=肝臓
個人差はもちろんありますが、
過剰に飲酒している期間が長ければ長いほど
肝臓への負担は大きいものとなっていきます。
そして、若い、飲酒している期間が長くないからといって
必ずしも安心できるものではありません。
そして、お酒を飲むことが多くなってしまう時期は
気分も上がり、飲酒の量が多くなってしまい
アルコール性肝炎をより進めてしまうことになります。

 

肝臓は、沈黙の臓器とも言われるくらいなので
なかなか症状はでません。

 

自分で、気づくことができないからこそ
健康診断などで検査してもらうことをオススメします。

関連ページ

食事療法について
ALT・GPTを食事療法で下げるには?何を食べるのが得策?