MENU

ALT・GPTでこんな病気がわかる!

 

ALT・GPTの数値は
どこまでが基準値でどこからが
病気を疑ったほうがよいのか気になりませんか?

 

そこで、今回は数値による病気の種類を
皆さんにご紹介していきます。

 

●ALT・GPT基準値は?

 

「基準値」 0〜30IU/L

 

以前は、5〜45IU/Lが基準値とされていましたが、
2012年4月に新しい基準値となりました。

 

ALTはGPTと書かれている場合もあります。
これは、肝臓の状態を知ることができる数値です。

 

 

●ALT・GPTの数値で考えられる病気とは?

 

「ALT・GPTが基準値より上昇している」
・一時的なもの
・遺伝によるもの
・急性ウイルス炎
・急性肝炎
・アルコール性肝炎
・薬剤性肝炎
・慢性肝炎
・激性肝炎
・活動性慢性肝炎
・自己免疫性肝炎
・うっ血肝障害
・脂肪肝
・肝硬変
・肝臓癌

 

「ALT・GPTの数値が低い場合」

 

・一時的なもの
・遺伝によるもの
・妊娠している場合

 

 

●ALT・GPTの数値によって病気が分かる

 

ALT・GPTの数値がどれくらいかによって
肝臓がどのような病気にかかっているのか疑うことが出来ます。

 

「31〜100IU/I 軽度の場合」

 

脂肪肝、肝硬変、ウイルス性慢性肝炎、肝細胞癌、
薬物性肝炎、自己免疫性肝炎、閉塞性黄疸

 

「101〜500IU/I 中度の場合」

 

脂肪肝、ウイルス性慢性肝炎、急性アルコール性肝炎、
自己免疫性肝炎、薬物性肝炎、肝炎ウイルス、
急性肝炎、原発性胆汁性肝硬変、閉塞性黄疸、溶血性疾患、
心筋梗塞、筋肉疾患

 

 

「501〜1000IU/I 重度の場合」

 

急性増悪のウイルス性慢性肝炎、極期のウイルス性急性肝炎、
急性アルコール性肝炎、薬物性肝炎、肝炎ウイルス、
総胆管結石、急性肝炎、心筋梗塞

 

「1001IU/I 重度の場合」

 

急性増悪のウイルス性、極期のウイルス性急性肝炎、
劇症肝炎、薬物性肝炎、ピーク時 虚血性肝炎
このような重度の場合だと、
手遅れになってしまっている場合が多いので
定期的な健康診断などで状態を確認することをオススメします。